山梨大学工学部 土木環境工学科 山梨大学 工学部 土木環境工学科

map twitter
contents

何を学べるの?

何を学べるの?

教育内容

土木環境工学科で学べること

山梨大学土木環境工学科では、数学、物理、化学といった、工学に関する基礎的な科目を学んだあとで土木環境工学に関わる6つの分野について学ぶことができます。

土木環境工学科で学べること

土木材料・力学一般

土木材料・力学一般 ー ものづくりは材料から ー

ダムや橋などを作るためには、コンクリートや鋼材といった材料を利用します。ある材料は引っ張る力に強く、またある材料は圧縮する力に強いなど、材料によってその性質は異なります。こうしたさまざまな材料をうまく組み合わせることで、壊れにくい構造物を作ることができます。

土木材料・力学一般分野では、構造物を作るための材料の強度・耐久性などの性質や、材料の性質を考慮して構造物を設計する方法について学びます。

構造工学・地震工学

構造工学・地震工学 ー 壊れない橋をつくるためには ー

構造物にはいろいろな力が加わります。たとえば橋には上を通る車や電車の重さがかかります。風や地震による力もはたらきます。このように、構造物に力が加わったときに、構造物にどの程度の負担がかかるか計算できなければ、構造物を作ることはできません。

構造力学・地震工学分野では、構造物に関する力学と設計方法について学びます。

地盤工学

地盤工学 ー 地盤=構造物の土台 ー

わたしたちが普段利用している構造物の多くは、地盤の上か中に作られています。家やビルは地盤の上に建てられていますし、地下鉄や道路などのトンネルは地盤の中に作られています。ビルを建てたりトンネルを掘るためには、地盤の強さや性質を知らなければなりません。

地盤工学分野では、地盤に関する力学や、地盤の強度を高める方法などについて学びます。

水工水理学

水工水理学 ー 水とうまくつきあう方法を学ぶ ー

わたしたちの生活は、水をなくして考えることはできません。炊事・洗濯はもちろんのこと、農作物をつくるためにも、たくさんの水を利用しています。その一方で、大雨が降ると洪水などの災害を引き起こします。人間が水とうまくつきあうためには、水の動きを理解し、それを無理なくコントロールしていく必要があります。

水工水理学分野では、水の力学と、水を管理するための方法を学びます。

交通工学・国土計画

交通工学・国土計画 ー 便利で快適で安全なまちをつくる ー

便利で快適かつ安全なまちをつくるためには、道路や鉄道といった交通網を整備することと、限られた土地を計画的に利用することが必要です。たとえば、無秩序に開発されたまちでは、道路が狭く入り組んで不便なだけでなく、地震や火事などの災害のときに、避難や救助の妨げになります。

交通工学・国土計画分野では、交通網の整備や調和のとれたまちづくりの方法などを学びます。

土木環境システム

土木環境システムー 自然環境との調和 ー

人間の活動は、できるだけ自然環境と調和したものでなければなりません。便利で快適な生活を営むために、貴重な自然環境を失ってしまうようでは、本当の意味での豊かな社会とはいえないでしょう。人間活動と自然環境の保全とをうまく両立し、いまの世代だけでなく、将来の世代も豊かに暮らしていくことのできる方法を考える必要があります。

土木環境システム分野では、人と自然が調和した社会を実現するための技術・考え方を学びます。

学生の一日へ

JABEEについて

JABEEについて
JABEEについて

JABEEについて

JABEE認定制度とは、大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定制度です。

JABEE(日本技術者教育認定機構)は、技術系学協会と密接に連携しながら技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です。

山梨大学工学部土木環境工学科は、2005年度からJABEE認定を受けています。山梨大学工学部土木環境工学科の卒業生は、全てJABEE認定修了者となります。

JABEEのホームページへ

JABEE認定修了者のメリット

技術士補に相当する修習技術者の資格が与えられます。(技術士の第一次試験が免除されます。)

実践キャリア・アップ戦略 エネルギー・環境マネジャーキャリア段位制度について

実践キャリア・アップ戦略 エネルギー・環境マネジャーキャリア段位制度について

実践キャリア・アップ戦略 エネルギー・環境マネジャーキャリア段位制度について

「実践キャリア・アップ戦略」とは、平成22年6月18日に閣議決定された国家プロジェクトの一つです。新たな成長分野における人材育成と当該分野への労働移動を促すことを目的として、これまで以上に「キャリア」や「能力」で評価される社会、生涯を通じて専門的スキルの向上とプロフェッショナルとして誇りをもって生きられる社会の実現を目指しています。

「キャリア段位制度」とは、実践キャリア・アップ戦略に基づき、職業能力・生涯キャリアを認定する制度です。

「エネルギー・環境マネジャー」とは、実践キャリア・アップ戦略「キャリア段位制度」に基づき認定された者で、持続可能な社会の実現に向け、エネルギー・環境の分野における環境・経済・社会の3つの視点での様々な取り組みの中核として活躍が期待される人材の総称です。

「エネルギー・環境マネジャーキャリア段位制度」では、エネルギー・環境それぞれの関連分野での求められる能力を知識と実践的スキルについて、特に実践的スキルを重点に評価し、キャリアを認定します。

山梨大学工学部土木環境工学科の授業科目が評価対象講座となりました(一定単位以上)(2016年11月4日)。

認定証

レベル認定基準(公開用)

評価対象講座等認定基準(公開用)

外部リンク

実践キャリア・アップ戦略 – 内閣府のホームページへ

EEMのホームページへ

教育プログラム

教育理念

教育理念

JABEEについて

本学科は養成する技術者像を「土木工学と環境工学に関する広い基礎知識・技術を併せ持ち、持続可能な社会の構築に意欲的に貢献できる技術者」と設定し、教育・研究にあたっている。本学科では主に環境と調和した社会基盤の整備・管理、災害に強い安全な国・地域づくり、快適で環境に配慮したまちづくり、生活環境の充実、自然環境の保全などの分野を対象としている。

本学科の教育プログラムでは、工学部履修規程にしたがって、
「全学共通教育科目を修得することにより学士としての基本的素養を身につけること」、
「必修専門科目を修得することによりJABEEの指定する土木環境工学科の主要な6分野(土木材料・力学一般/構造工学・地震工学/地盤工学/水工水理学/交通工学・国土計画/土木環境システム)に関する基本的な知識や素養を確実に身につけて各学習・教育到達目標を達成すること(基本水準)」、ならびに
「学生の興味・関心に応じた選択科目を修得して卒業要件を満たすことによりいくつかの学習・教育到達目標の水準をさらに高めること」
により土木技術者、環境技術者として幅広い分野で活躍する、技術者像に合致した人材の育成を目指している。

土木環境工学科では、以上の教育理念に基づく以下の学習・教育到達目標のもとで、JABEEの共通基準と分野別要件(土木および土木関連分野)を満たす教育プログラムを作成し、2002年度から実施している。

学習・教育到達目標

学習・教育到達目標

JABEEについて

山梨大学工学部土木環境工学科の学習・教育到達目標は、以下の通りです。

(A) 技術者の責務の自覚

土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。

(B) 技術者としての知的基盤の形成

土木環境工学の専門知識習得に必要となる数学、自然科学及び情報処理の基礎学力を身に付け、土木環境技術者としての知的基盤を形成する。

(C) 専門基礎学力

社会基盤の設計・施工や環境保全技術を習得するための基盤として、構造力学、土木材料学、地盤工学、計画学、水理学及び環境工学などの専門基礎学力を身に付ける。

(D) 問題解析・分析能力

土木環境工学の実験・実習における体験を通じて、現象の理解を深めるとともに、実験結果から工学的に意味のある情報を抽出するための解析・分析能力を習得する。

(E) 学習および問題解決能力

専門基礎に関する演習科目において、自発的・継続的に学習する能力を身に付けるとともに、社会的要請や社会環境の変化に柔軟に対応し問題を解決する能力を獲得する。

(F) 問題の把握および専門知識の応用力

社会基盤や環境整備の設計・計画などにおける問題・課題を的確に把握し、 その解決に専門基礎科目で習得した知識・技術を応用できる能力を身に付ける。

(G) 計画立案・管理・実行能力

社会基盤整備において、地域社会・自然との調和、コスト・資源の最適な運用、品質の保証など様々な要求に応えることのできる計画を立案・管理・実行する能力を身に付ける。

(H) 目標達成能力

土木環境工学の基礎及び専門的な知識・技術の習得において、自分自身で目標・課題を設定し、その達成・解決に努力する習慣を身に付ける。

(I) デザイン能力

社会的、経済的、技術的及び環境的な制約条件のもとで、問題解決に最適な手法・技術を選択し、仕事を遂行する実務的な能力を身に付ける。

(J) 論理的な表現・伝達能力

自分の意思やアイディアを具体的かつ論理的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。

各学習・教育到達目標の達成基準について

各学習・教育到達目標は、添付ファイルに示す「土木環境工学科の教育プログラム修了要件」を満たすことによって達成されます。

教育プログラム修了要件(2016年度以降)(PDF)

教育プログラム修了要件(2013年度~2015年度)(PDF)

教育プログラム修了要件(2012年度)(PDF)

カリキュラム

カリキュラム

JABEEについて

土木環境工学科で開講している科目は、以下の通りです。
科目の詳しい内容は、シラバスをご覧下さい。

なお、シラバスの[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]で、『F.問題の把握および解決能力』は『F.問題の把握および専門知識の応用力』に、『I.実務的遂行能力』は『I.デザイン能力』に読み替えてください。

電子シラバスへ

基礎教育
  • 線形代数学Ⅰ
  • 線形代数学Ⅱ
  • 微分積分学Ⅰ
  • 微分積分学Ⅱ
  • 基礎数学及び演習
  • 微分方程式Ⅰ
  • 微分方程式Ⅱ
  • 基礎統計学
  • 応用統計学
  • 情報処理及び実習
  • 数値計算及び実習
  • 基礎物理学Ⅰ及び演習
  • 基礎物理学Ⅱ
  • 基礎物理学Ⅲ
  • 応用物理学 基礎化学Ⅰ
  • 基礎化学Ⅱ
  • 基礎化学Ⅲ
  • 基礎生物学
  • コミュニケーション
基礎工学
  • 土木環境デザイン
  • 測量学第一
  • 測量学第二
  • 測量学実習第一
  • 測量学実習第二
  • 技術者倫理
  • エンジニアリングデザイン入門
  • 土木環境科学実験1
  • 土木環境科学実験2
  • 建設材料学及び演習
  • コンクリート構造学第一
  • 建設工学実験Ⅰ
  • 構造力学及び演習第一
  • 構造力学第二
  • 土質力学及び演習第一
  • 土質力学第二
  • 建設工学実験Ⅱ
  • 水理学及び演習第一
  • 水理学第二
  • 水理学第三
  • 計画学基礎及び演習
  • 都市計画
  • 防災工学Ⅰ
  • リスク管理・危機管理概論
  • 衛生工学及び演習
  • 環境生態学
  • 環境工学概論
  • 環境工学実験
応用工学
  • 建築学大意
  • エンジニアリングデザインⅠ
  • エンジニアリングデザインⅡ
  • コンクリート構造学第二
  • 構造動力学
  • 構造設計論
  • 土質工学第一
  • 土質工学第二
  • 水文学
  • 総合河川学
  • 水資源学
  • 交通計画
  • 交通工学
  • 景観工学
  • 防災工学Ⅱ
  • 水処理工学
  • 廃棄物管理工学
  • 水質学
  • 環境生物工学
特殊研究
  • ベンチャービジネス論
  • 品質管理概論
  • 実践ものづくり実習
  • PBLものづくり実践ゼミ
  • 土木環境行政法
  • 特別講義第一
  • 特別講義第二
  • インターンシップⅠ
  • インターンシップⅡ
  • 土木環境工学英文講読
  • 土木環境工学卒業論文
その他
  • キャリア形成実習1
  • キャリア形成実習2
  • キャリア形成実習3
  • キャリア形成実習4
  • 機器分析特別講義Ⅰ
  • 機器分析特別講義Ⅱ
  • 機器分析特別講義Ⅲ
  • 職業指導第一
  • 職業指導第二

教育に対するご意見・ご要望

「教育に関するご意見・ご要望」がございましたら,
までメールをご送信お願い申し上げます。

PAGE TOP